お客様の声 #1

Meadowの白衣やスクラブをご購入頂いた方をご経歴や施設の紹介を交えてご紹介させて頂きます。Meadowの白衣を纏って働いている方のワークスタイルをぜひご覧下さい。

「この白衣やスクラブは体にフィットしており、ストレスなく診療や検査が出来ます」
亀戸内科クリニック 院長 荒木 正 先生

■ ご経歴

■2003年
東邦大学医学部医学科卒業
東邦大学医学部付属大橋病院第三内科
(現 循環器内科、消化器内科、腎臓内科)入局
■2004年
東邦大学大橋病院研修
(神経内科、糖尿病内科、皮膚科、救急救命センター、麻酔科、放射線科)
■2005年
総合病院厚生中央病院消化器内科
国立病院機構東京病院呼吸器内科
■ 2006年
東邦大学医療センター大橋病院循環器内科
■2007年
東京高輪病院循環器センター
■ 2010年
東邦大学医療センター大橋病院循環器内科助教
■ 2016年
亀戸内科クリニック
現在に至る

■ ご経歴や専門分野について

研修医終了後に東邦大学医療センター大橋病院循環器内科に入局しました。入局後は心臓病や血管病、特に狭心症や急性心筋梗塞などの虚血性心疾患を専門に診療や研究を行い、心臓カテーテル治療も数多く手掛けてきました。 また、循環器専門医はもちろん、総合内科専門医でもあり、内科医としても診療を幅広く手掛けてきました。また、大学時代はカテーテル治療の際に使用する血管内超音波の研究を主に行っており、医学博士もこれについての研究論文で取得しました。

■ 亀戸内科クリニックについて

クリニックの特徴

研修医終了後に東邦大学医療センター大橋病院循環器内科に入局しました。入局後は心臓病や血管病、特に狭心症や急性心筋梗塞などの虚血性心疾患を専門に診療や研究を行い、心臓カテーテル治療も数多く手掛けてきました。 また、循環器専門医はもちろん、総合内科専門医でもあり、内科医としても診療を幅広く手掛けてきました。また、大学時代はカテーテル治療の際に使用する血管内超音波の研究を主に行っており、医学博士もこれについての研究論文で取得しました。

診療内容

高血圧、心不全、狭心症、心筋梗塞、不整脈、浮腫などの循環器疾患のみならず、糖尿病、高脂血症、睡眠時無呼吸症、禁煙治療、一般内科、健康診断、予防接種まで幅広く診療を行っております。

今後について

開業直後から大変多くの患者様に来院頂いております。多くの方はこの地域に循環器内科や糖尿病内科を専門にする医師が少ないために、大変喜んで頂いております。今後も、多くの方が生活習慣病や心臓病の早期発見、早期治療を受けられ、安全安心な生活を送られる手助けをしたいと思っております。

■ Meadowの白衣とスクラブについて

導入理由

私の好きな言葉に『医は衣なり』という言葉があります。患者様の病状を拝聴し、治療の説明をするうえで聞く姿勢、話す姿勢は大変重要であります。どのような心構えや身なりで患者様と会話をするかは、いずれ信頼という言葉に置き換わり、引いては治療の成功に関係することさえあると思っています。このため以前より機能性はもちろん、清潔感があり、気品のある白衣を探していたところ、知人より勧められて導入しました。

着てみた感想

最初はオシャレすぎるので、高齢者の多い内科には不向きではないかと躊躇しましたが、スクラブのネイビーは大変品のある色合いでした。高齢の患者様には、先生オシャレだねと褒めてくれる方もいます。クリニック内では自分で採血やエコーなどの検査も行っているため、無理な姿勢をとることも多いのですが、この白衣やスクラブは体にフィットしており、ストレスなく診療や検査が出来ます。今までの白衣とは着心地が違うために、暑い夏場にはさらに威力を発揮しそうで、今から着るのが楽しみです。


■ 着用していただいている白衣

■Men’s Doctor coat single
http://meadow.co.jp/mensdoctorcoatsingle.html

■Scrub Navy tops
http://meadow.co.jp/scrubnavy-ja-2.html

亀戸内科クリニック
http://kameido-naika.com