Meadowが誕生したわけ

 

医療従事者として白衣やケーシーを着ていた経緯から

代表の大塚は医療従事者として東京の大学病院で働いていました。支給された白衣やケーシーを仕事着として毎日着て働いている中で、白衣やケーシーの不満や要望の声はよく耳にしました。医療従事者は当直や夜勤など長時間同じ服を着ています。シワシワの白衣や着心地が考えられていないケーシーを長時間着ていたらモチベーションが上がるわけがありません。肩の突っ張る白衣や動きづらいケーシー、病院のリネンを考えた硬くて肌触りの良くない生地。

白衣の現状を変えるために、現場の経験を活かしてモチベーションが上がる白衣が作れるのではないか。ここでの経験がMeadow誕生の大きな原点となります。

 

モチベーションが上がる白衣とは

白衣 を作るにあたって徹底的に要望を聞き出しました。ポケットの大きさや位置、生地の肌触り、デザイン。やはり支給されている白衣には満足しておらず求めるものが多いことがわかりました。モチベーションが上がる白衣を作れれば人への接し方や印象も変わるはず。

現場の声を活かして高品質で高感度な白衣を作ることに決めました。

 

デザインへのこだわり

デザイン性ばかりを重視し、機能性が失われている白衣ではなく、来年も再来年も着られるような長くご愛用いただけるクラシカルな形を残したデザインを心がけています。ポケットや袖口のパイピングが特徴です。

機能性へのこだわり

実際に白衣を着て働いている方の要望を詰め込み仕上げています。折り返しができる袖口や大きめのポケット、立体的で美しいシルエットが特徴です。全ての要望を満たすために通常の白衣の2倍以上の工程をかけ仕上げています。

 

 

Made in Japanへのこだわり

日本の縫製職人が持っている技術は間違いなく世界に誇れるものです。日本の産地で培われた伝統的な技術と高い品質を白衣に。

単に日本で縫製していればいいわけでなく、高い技術を持った縫製工場を探しました。高い技術を持って高品質な白衣に仕上げるために、100以上の縫製工場をまわり一つの縫製工場に依頼しています。白衣を着た時の立体感は高い縫製技術がなければなし得ません。この立体感が動きやすさと快適な着心地を生み出します。

依頼している工場は、妥協せずに120%の技術やこだわりを詰め込んだものづくりを追求しています。Meadowの白衣は通常の白衣の何倍もの工程数をかけています。効率的な大量生産ではなく、付加価値のあるストーリーのある白衣作りを目指しています。

長時間着ていてもストレスを感じないシルエットの美しいMade in Japanの白衣をぜひお試しいただければと思います。

 

 

おしゃれな白衣・スクラブの通販 Meadow

MEADOW株式会社

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6 3F PORTAL POINT

TEL : 03-4530-8430 FAX : 03-6735-4360 URL : http://meadow.co.jp